読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士していた学生が起業してビジネスの成功者になるまで...

保育士の働く環境、学童と児童館で教育を受けれられる環境を作るために活動。ビジョンは「子どもに人生の糧をつくる」である。ここではそんな活動の経緯と自分のアイデアをまとめていきます。

MAKERS UNIVERSITY 11日目|登壇者(小沼大地)|2016/02/20

さて、MAKERS UNIVERSITY 11日目!!

午前中はMAKERS Labと銘打って、各自自由な時間を過ごした。

そして、午後からはクロスフィールズというNPOの代表、小沼さんのお話です!


「日本人と発展途上国の人たちどちらが幸せだと思うか?」
僕は、貼っての途上国の人の方が幸せだと思う

「留職プログラム」

我々より少し上のホリエモンとかは、短期的な利益、金銭を追い求める世代
現在の若手世代の価値観は,その利益追求の価値観に疑問を持つ世代

金を稼ぐことがあまり幸せに見えない…
お金儲けよりも、社会を変える方が幸せ!

ITベンチャーよりも、社会を変える社会を変える社会起業家

会社に入る前は、
「俺はこんなことしたい!!!そのためのこの大きな会社に入る!」
と熱く言っていた。。。
なのに、会社入って3年目では
「まだそんな青臭いこと言いてるのか!」
と言い始めた。

それは、日本にも大きな機会損失!
それを防がねば!

と、思って、小さな活動を行ってきたが…難しい(T . T)

発展途上国では…
発展途上国NPOでは、想い・情熱を強く持っている!
しかし、リソーズが足りない(- -;)

日本では・・・
リソースはあるが、
想い、情熱がない(- -;)
ここをマッチングさせた!!

小沼大地よりLast Message
「挑戦しないことがリスク!!」
「好きなことをしてほしい!!」
めっちゃ好きなことをしていると、すごくワクワクするし、人が変わっていくのが楽しい!それが一生やってきてもいい!
これを考えているとニヤニヤしちゃうくらい楽しいものだと良い!!!!!

青年海外協力隊に蓋をして、大企業に入る生活も幸せかもしれない!
でも、それで死ぬとすごく後悔すると思った!
だからこそ、挑戦してほしい!

今は、社会がいろいろと変化していく。
MAKERSに対して、今周りの学生たちは
意識高いねー!」とか「なんでそんなことやってるのーー」とか言われ、反対意見もある。
でも、それがいつか賛成になるだろう!

 

 

質問TIME
Q.なぜ株式会社ではなく、NPOをした?
A.一つ、事業をやっていく上で、どっちがやりやすいか考えた。
株式会社だと、パナソニックの人間か!とか言われると思った。
二つ、今の日本だとNPOの存在が弱く、その日本の意識を変えたい!という思いから。

Q.どうやってはじめ、留職プログラムの参加を促したのですか?
A.まずは軽く思いを話していって、飲み込んでいき、そこから「どうしてNEC に入ったのですか?」と聞くと、就活の時期の思いが吹き出し、目がキラキラする!その瞬間を逃さなかった。

また、BtoBでは内部から攻めることが大切!


日本企業の経営者のレベルは低い!前例がない統計らに体質。
しかし良い点がある!
日本の産業界は一つの成功事例さえ出れば、常識が一気に変わり、多くの企業がが導入し始める!


とのことでした!
いろいろと面白いお話でしたねー〜!ためになった!!

では、本日はこれで以上!