保育士していた学生が起業してビジネスの成功者になるまで...

保育士の働く環境、学童と児童館で教育を受けれられる環境を作るために活動。ビジョンは「子どもに人生の糧をつくる」である。ここではそんな活動の経緯と自分のアイデアをまとめていきます。

小学校よりも学童保育の方が大切!?

皆さん!ってか、小学生のお子様を持つお母さん方...!

お子様の学校が終わった後って、お子様は何されていますか?

習い事をしている?学童に通ってる?それとも友達と遊びに行かせていたり、児童館や学校の校庭で過ごさせていますか?

何が言いたいのかっていうと...そんな誰もあまり何も考えていない放課後の時間、放置しているだけでは、めっちゃもったいないんですよ!!ってことです^^

それがどういうことかというと...説明していきます♪

 

小学生は学校よりも学童で成長する!?

f:id:hajime0308:20160821003212p:plain

さてお母さん方、小学校よりも学童で成長する!

とか言われても全然ピンとこないですよね(笑)

例えば、現在学童に通っている子どもは約101万人にいるのですが

その子達が学童で過ごす時間は1年間で、約1600時間て言われているんですよ!

それは、放課後に加えて長期休暇も合わせた時間ですが、

とにかく1年間のうち子どもは学童で1600時間過ごすんです。

 

対して、小学校で過ごす時間は約1,200時間です...!!

 

小学校では40人に先生が一人ですよねー。

でも、人数的な面で言えば学童はもっと子どもに向き合っていますよ。

学童では子ども40人に対して少なくとも先生が3人以上います!

素晴らしい!!!!

 

それ以外にも、学童ではクラスが変わらないのでずっと同じ子達と過ごすんです。だから、もう120%、友達と深い付き合いが生まれます。

 

あとあと!^^

 

学年の境目もないところも素敵なんですよーーー!

 

1年生や2年生の子は3,4年生の子を見て思いっきり成長していきます。

 

一緒にドロケイして遊んだり、ドッチボールして遊んだり!

体格差は半端ないんですが、それを見て足が速くなったり、小学校低学年ながら戦略を組むようになったり、ボールを投げるのが上手くなったり、、、するんですよ!

 

対して、3年生とかそれ以上のお兄さんたちも低学年のこと遊んで手加減や気遣いを思えたり、お兄さんらしく年下の子を見守ったりするようになるんですよー!

 

もう、そこで過ごすだけでなんかちょっとお父さんぽくなるんですよね♪

 

しかもしかも!!

 

遊んでばっかじゃなくて、ちゃんと宿題の時間をちゃんと設けていて、家で宿題をさせなきゃ!なんて焦ることもなくなります。

 

 

学童って素晴らしいですよね♪

 

まとめ

  • 学童では年間1,600時間を過ごす。(対して小学校は年間1,200時間)
  • 小学校よりも、先生の対応が厚い(3人以上で40人を見ている)
  • クラス替えがないので、学童仲間で長く深い付き合いが生まれる
  • 学年の境目がないので、年下の子は年上の子を見ている分、成長が早い
  • 年上の子は、年下の子を気遣い、見守る心を持つようになる

ってところでしたー^o^

 

ちなみに、自分は小学4年生まで学童に通っていたから単純計算だと、、、

                        年間1,600時間 × 4年間 = 6,400時間

なんと6,400時間も放課後、学童で過ごしてたんですねー

 

そんな学童で実は、今後プログラム(イベント)をやるんですよねー(仮)

ま、その話はまたこんど( ^ω^ )