読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士していた学生が起業してビジネスの成功者になるまで...

保育士の働く環境、学童と児童館で教育を受けれられる環境を作るために活動。ビジョンは「子どもに人生の糧をつくる」である。ここではそんな活動の経緯と自分のアイデアをまとめていきます。

保育士やってた学生が東大学生に向けた講演会に登壇することになった話

こんにちは!

先日、TechAcademyというプログラミングスクールの受講中に作ったサービス「葛飾Gakud」をDemoDayという舞台で発表した。))

結果自分でも驚きの3位となり、TechAcademyから取材を受けることになった。

 

 

(詳細は以下の記事からここから確認してください!)

 

たった2ヶ月で3位という結果は自分でもかなり驚いた。

しかし、「事実は小説より奇なり」!!この話には続きがあったのだ。

 

 

それはFacebookで結果取材記事を投稿したことから始まった。。。

 

自分の人生で特に特別なこともないから、自慢できることがあればSNSに投稿するからさ(笑)Facebookにて久々の投稿をしたわけです。

 

そしたら。。。

 

普段連絡取らないFacebook上の友達から連絡が来たんです!!

 

内容は、「学生団体Aisecの中で学童に力を入れているグループがあり、そのグループが主宰するイベントに登壇していただけませんか?」という内容だった。

 

「登壇!!?」

 

「誰が!?え、俺!?」

 

そう、2か月で作ったサービスを発表したら3位になって、インタビューを受けて、しかも登壇して活動をお話ししてください!

 

と言われたのだ 。

 

まぁ普通ありえないよね。ってか何話せばいいの!?

と今でも思いながら自分のやっている活動、その想い、これから日本おん小学校、がくどう、放課後、保育園がどうなって欲しいかを話せる場としてはすごく嬉しい!!

 

詳細を聞くと東大生等教育に関心ある学生を50名が参加してくれるそう。

また、自分以外の他の講演者はすごい人たちばかり。

1.放課後NPOアフタースクール代表理事の平岩 国泰さん

npoafterschool.org

2.日本総研調査部主任研究員 池本 美香さん

www.jri.co.jp

 

学生時代にこんな立派な方たちと一緒に同じ舞台に立ってお話しすることなどないからとりあえず恥じないように頑張ろうと思う!

 

ぜひ興味ある方は参加してみてください^o^

そして自分にぜひ声かけてください!

 

参加はこちら↓

海外に学ぶ。日本の教育の行く先は? Part1