元保育士が営業を経てエンジニアになるまでの孤軍奮闘歴

好きなことをやり続け、学生時代には保育士資格を取得し保育士を経験。保育士としての仕事は楽しかったものの目的がないことに虚しさを感じ、自分でのサービス作りに関心を持つようになった。そこからは、プログラミングを勉強し始め、今は自分でサービス作れるようになるエンジニアを目指し孤軍奮闘中。

音楽にメッセージ性はなくてもいい?

学校へ行きながら「音楽にメッセージ性はなくてもいいか?」ということを考えていた。(昨夜の出来事があったためだろう)

 

 

さて、本題、「音楽のメッセージ性」について。

 

 

これは動機によるところが大きいだろう。

人にこう感じてもらいたい、という動機で音楽をやっているならばもちろんメッセージ性を込めればいいだろう。

 

しかし、唄うのが好き、好きだから唄う。

こうした理由で歌を作り、詩を作ったりする人ならばメッセージ性など考えなくていい。

例えば、子どもに好きなように歌を作らせたしたとする。

その歌におそらくメッセージは乗っていないだろう。

でも、その歌がその子にとって一番好きな曲になることもある。

 

そしてその歌を唄うことが好きになるかもしれない。

つまりは、歌いたい歌を唄う。そこにおいてメッセージ性など必要はないだろう。

 

というか、正直音楽にメッセージをいくら込めても何をどう受け止めるかは受け手の問題!