保育士していた学生が起業してビジネスの成功者になるまで...

保育士の働く環境、学童と児童館で教育を受けれられる環境を作るために活動。ビジョンは「子どもに人生の糧をつくる」である。ここではそんな活動の経緯と自分のアイデアをまとめていきます。

ビジネスモデルキャンバスメーカーをリリース

お久しぶりです。

前回はクラウドソーシングのお話をしました。

hajimesbusiness.hatenablog.com

 

簡単に言うと、近況報告でしたね。

 

で、その時に将棋のサービスの紹介も軽くしていたのですが、

今回は個人で割としっかりした(?)サービスを作りました!!!

(自分史上一番しっかりしたサービスってことで勘弁・・・)

 

 

その名も...ビジネスモデルキャンバスメーカーです!

名称長い!ww

わかる人にはそのまんまやん!って言われそうなくらいセンスは乏しいが、

これでドメインとってリリースしたので胸張って言えるサービス名です!!

businessmodelcanvasmaker.com

 

そもそもビジネスモデルキャンバスとは? 

 ビジネスモデルキャンバスと言うのは、一言で言うと、

ビジネスを考える際に役立つ、ビジネスモデルを理解するための

フレームワークで、1枚の紙にまとめたものです。

(以下がイメージ)

f:id:hajime0308:20170917004545p:plain

 ビジネスモデルキャンバスとは?なぜコンビニは近距離で複数店舗を出すのか?"儲け"の仕組みがわかる|ferret [フェレット]

を参考にしてご紹介すると...

 始まりは、アレックス・オスター・ワルダー/イヴ・ピニュールによる著書『ビジネスモデルジェネレーション』にて紹介され広まりました。

ビジネスモデルを図式化することでビジネスで重要な9つの要素の関わり方を明らかにし、ビジネスの収益構造そのものの理解を促します。

と書いてあります。

 

そして画像のように9つの要素「パートナー」「主要活動」「価値提案」「顧客との関係」「顧客」「リソース」「チャネル」「コスト構造」「収益の流れ」

を埋めます。

 

それぞれ詳細にご紹介をいたします。

パートナー

外部委託を行う委託先を書きます。自社の人員だけでは賄えない仕事は外注して行う方が良いことがある。ただし、外注すると言ってもあくまでも対等な関係を築きパートナーとして一緒に取り組むことが大切。

 

主要活動

リソースを使って商品やサービスの提供に伴う主要な活動を定義する。

作ること、売ること、広めることなどが書かれる。

ポイントして、ここに書かれた活動は売上に直結する活動である必要がある。

 

価値提案

顧客にとってもっとも価値となる部分を書く。「安く買える」「面倒がなくなる」「美味しい」など有形・無形のメリットが価値に含まれる。

より優れた価値を提供することで、顧客が満足しその製品を使うようになる。

 

顧客との関係

顧客とどのような関係を築くのかまたは関係を築くための仕組みを書く。

例えば高額な商品を扱っているのなら顧客は手厚いサポートを求めている。

また店舗のポイントカードはリピーターを促し、常連と言う顧客関係を産むための仕組みであるため、「ポイントカード→常連」と書ける。

 

顧客セグメント

年齢や性別・地域などの特定の属性を持っている集団を指す。

より詳細なペルソナを書いておくと顧客のイメージが持ちやすく良い。

 

リソース

顧客に価値を届けるために必要な資源を書く。提供する価値やチャネル、顧客との関係によってリソースは様々なものが考えられる。

大きなものでいえば、「ヒト・モノ・カネ」などがある。

 

チャネル

誰に何を届けるかが決まったら、それをどのような経路で届けるかを決める。

例えば、コンビニであれば店舗、ECサイトならばホームページやSNSが該当する。

 

コスト構造

ビジネスを継続する際に必要な費用を書く。

材料費や人件費、販売促進費、サーバー代など該当する。ビジネスを運営する上でどんな費用がかかるのかの理解はしておくことが大切だ。

 

収益の流れ

収入を得る手段、仕組みを書く。売上の源泉となるものであり、自社のサービスにおいて何が売上になるのかをしっかりと理解するようにしよう。

手段としてはモノを販売した際の利益や、月額使用料、ユーザーには無料で提供し広告収入を得るという手段など様々考えられる。

 

なぜビジネスモデルキャンバスメーカーを作ったのか?

ビジネスモデルキャンバスは、今まで何枚も書いて投資家に見せていたような企画書より何倍もわかりやすく手軽に書くことができる画期的な手法だ。

 

そこで僕も、ビジネスモデルキャンバスを描こう!と思いWebで調べたところ

どのページでも全て「PDFをダウンロードする」のリンクしかなかった。

「いや、カフェにおるし印刷できないわ!印刷代も書けるのしんどいわ!」

と思った。 

 「仕事 フリー」の画像検索結果

おそらくビジネスモデルキャンバスを描こうとした多くの人が僕と同じような感情を持ったのではないだろうか?

 

で、あればWebで書けるようにしよう!

と思い「ビジネスモデルキャンバスメーカー」なるものを作るようになった。

 

ビジネスは、スピードが大事

「早い フリー」の画像検索結果

計画を練り練り練って完璧にしてからリリースする製品開発モデルではなく、

顧客が本当にいるのか?を素早く確かめるのが今の時代のスタートアップの常識。

 

ビジネスモデルキャンバスメーカーの制作期間は約3週間。

今後は皆に、使ってもらって顧客がいるのか?どこがもっと改善するべきところなのか?

価値は「Webで書ける」「簡単にシェアできる」の2点で正解なのか?

を確かめ改善していきます。

 

クックパッドとかUberとかSkypeなどのビジネスモデルキャンバスを書いてみた

「百聞は一見に如かず フリー」の画像検索結果

百聞は一見に如かず!

どれだけブログで長文を描こうが、実際にみていただいた方が100倍早く伝わるだろう。

実際に以下のリンクからご覧ください!

 

businessmodelcanvasmaker.com

businessmodelcanvasmaker.com

businessmodelcanvasmaker.com